久米 雅之(ds,perc) プロフィール

self-image

東京都出身。
15歳の時、トニー・ウィリアムスに感銘を受け、ジャズドラマーになることを決意。
高校卒業後プロデビューする。81年、91年にニューヨークとブラジルに滞在し、現地でセッションを重ねる。帰国後、渡辺貞夫、小野リサ、ワルター・ワンダレー、ジャック・ヴィルソン、ルイザン・マイア、エリック・アレキサンダー、ソニ−・フォ−チュン、スティーヴ・グロスマン等、国内外の著名なミュージシャンと共演。ツアーやジャズフェスティバルにも多数参加している。  現在は、ドラムスだけでなくパーカッションプレーヤーとしてもコンサート、ライブハウス、レコーディングなどで活躍中。またJAM音楽院、山野楽器の講師も務める。
2009年に初リーダーアルバム「21」、2013年にセカンドアルバム「March 11th」を発表。2014年にはヴォーカルの出口優日のアルバム「Just from now」をプロデュース。これら3作品では、作、編曲も手掛けている。この他、ジャズに限らず、多岐のジャンルのCDに参加している。2010年にはkmp社から教則本、「Modern Jazz Drumming」を発刊。

→もっと詳しく見る

(ネットサーチでたまたまこのページに来た方ここをクリックして久米雅之のHPをご覧下さい)