Gakio

近頃、なぜガキオと呼ばれるのですかと聞かれる事が増えた。年に10回以上は共演者やお客さんに聞かれる。
その都度説明するのも飽きたので、HPに載せる事にしました。

そもそも、高校に入学した時、すでにJAZZに興味を持っていた私は、JAZZ研があるのを見つけすぐに入部した。ところが新入部員は私一人、しかも2年生はいなかった。3年生に、鈴木雅之(ts、現在も活躍中)、斉藤誠(通称クジラ。当時はpだったが、その後bになり、現在も活躍中)がいた。なぜかすぐに部長にされてしまい、練習に使う音楽室の使用許可をとりに行かされたりした。
当時まだ15歳の私は童顔でヒゲもなく、長髪にジーンズ、女の子っぽい服装で、良く女の子に間違われた。(ホント!!!)ホモにももてた(ホント!!)
そんな私のルックスや先輩から見れば子供っぽい言動、またその頃一世を風靡した谷岡ヤスジの漫画の主人公(鼻血ブー!)の名前がガキオでそれに似てる等の理由で、斉藤誠氏が名付けたあだ名がガキオです。

このあだ名は余程皆さんにとって私のイメ-ジにぴったりらしく、40歳を過ぎたらもうガキオとは呼ばれないかと思っていたが、今だに、そう呼ばれる。年下のミュージシャンはガキオさんと呼んだりする。(これって敬語なの?)人によっては、ガキちゃん、ガッキィ、ガキピー等と呼ぶ人もいる。
アメリカ人も一緒に共演した素晴らしいピアニスト、JACK WILSONやN.Yで知り合った素晴らしいドラマー、JIMMY LOVELACE も GAKIOと呼んでたっけ。

このあだ名のお陰で、面白い事もたくさんあった。

まだ実家に居た頃、電話がかかってきて、「はい、久米です」と答えると「あのう、ガキオさんお願いします」って言われて「私です」と答えると「えっ!!久米さんて言うんですか?」と驚かれた事があった。(笑い)

数え切れない位あったのは、ライブでメンバー紹介の時、
「ドラムはガ!」とガキオと言い掛けて気がつき、「なんだっけ?」とこちらを振り向き小声で聞くっていう事。これは今だにある。

番外編としては、数多くのエピソードを持つ素晴らしいテナー奏者T.U氏。
久しぶりにPIT INNで会ったら、「やあ、久しぶり!ゲタオ!」って言われ、店内大爆笑だった!

まあ、そんなこんなでガキオと呼ばれて、早35年!!!

これからもよろしくね!! ガキオ

(ネットサーチでたまたまこのページに来た方ここをクリックして久米雅之のHPをご覧下さい)